【学校生活の様子】

南風 on Web

交通安全講話

 4月15日(金)の6限に草加警察署の方などをお招きし、
 交通安全講和が行われました。
 生徒たちは今回の講話を通して毎日乗っている自転車の
 危険性を改めて実感していました。

 

部活動紹介

 4月14日(木)、一年生に向けて部活動紹介が行われました。
 どの部活も各自の特色を活かした紹介ができていました。

 

平成28年度入学式

 4月8日(水)、平成28年度入学式が本校体育館にて挙行されました。
普通科79名・商業科81名・情報処理科80名合計240名の生徒たちは
最初こそ緊張していましたが、
無事に入学式が終了すると笑顔が見られました。

また、式の最後には上級生のによる校歌紹介が行われ、初めて聞いた生徒たちは圧倒されていました。

 

1学期始業式

平成28年度第1学期始業式 校長講話

 

 改めまして、皆さん、おはようございます。着任式に引き続き、ここからは始業式ということで、1年の始まりに当たり、あいさつさせていただきます。

 まずは、年度替わりの学年末休業から春季休業に至るこの2週間の休み中、大きな事故等もなく、無事全員で新年度を迎えられたことが何よりもうれしく思います。

 さあ、いよいよ本日から平成28年度が始まりました。新3年生、新2年生となられました在校生の皆さん、進級誠におめでとうございます。この後、本日午後には入学式があり、晴れて240名の新入生が入学してくる予定です。新入生の入学により、1年生240名、2年生226名、3年生220名、計686名の全校生徒で八潮南高校の平成28年度がスタートすることになります。昨年度3学期の終業式でも申し上げましたが、新入生を加えた新たなメンバーで八潮南を大いに盛り上げていってもらいたいと思います。

 さて、年度当初に当たり、皆さんに次のことをお願いします。この後の入学式において、新入生にも同様の話をしようと思っていますが、それは、これからの1年間ないしは2年間、挫折することなく、ここにいる皆さん全員、無事卒業してほしいということです。この1年間ないしは2年間、皆さんは無事進級を果たしてきたわけですが、残念ながら、昨年度皆さんの同級生で志半ばで転学または退学した生徒は、新3年生の学年で9名、新2年生の学年で16名おりました。転退学した理由は、皆それぞれやむを得ない事情によるものでしたが、皆さんはこれまで、少なくとも1年間ないしは2年間頑張ることができたわけですから、残りの1年間ないしは2年間も昨年度と同じように頑張りとおすことができるはずです。昨年度の卒業生が充実した顔で卒業していった光景がまだ目に焼き付いているところだと思いますので、近い将来皆さんも卒業式という晴れの舞台を迎えられるよう残りの高校生活を悔いなく過ごしてください。

 3年生の皆さん、いよいよ高校生活最後の年です。勉強に、部活動に、有終の美を飾る時です。試験だったり、部活動の大会であったり、高校生として皆さんの力を発揮する最後の場になることも多いでしょう。これまで2年間培ってきた力を遺憾なく発揮し、

是非大きな成果を収めてください。今年における皆さんの最大の目標であり、壁となるのは、進路決定でしょう。自分の夢の実現のために、最後まで諦めず、全力でぶつかっていってください。3年生全員の夢の実現を期待しています。

 次に、2年生の皆さん、よく2年生は中だるみの時期という言葉を耳にしますが、決してそんなことはありません。勉強に、部活動に、進路に皆さんの能力の骨格を築くのは、この2年生の時期です。3年生が、部活動や生徒会活動等から身を引く今年度の後半からは、文字どおり2年生の皆さんが、本校を支える立場になります。新入生にとっても、3年生とは1年間だけの付き合いになりますが、皆さんとは2年間の付き合いになります。より身近な先輩として、新入生を良き方向へと導いてくれることを期待しています。

 平成28年度、八潮南高校がますます発展することを祈念して、話を終わります。


 


3学期終業式

平成27年度第3学期終業式 校長講話

 

 おはようございます。

 本日は、講話の前に、すでに報道等で知っている人も多いと思いますが、先日、ベルギーで起きた連続テロにより、多くの死傷者が出る事件が発生しましたので、まずもって亡くなられた方へ哀悼の意を表するとともに、負傷された方に心からお見舞いを申し上げたいと思います。負傷された方の中には、2人の日本人も含まれおり、重傷の方もいるとのことで、大変心配です。昨年の秋には、フランスでも同時テロが発生したばかりであり、今後の世界平和を心から願いたいと思います。

 いよいよ平成27年度も学年末の終業式の日を迎えました。この1年間大変お疲れ様でした。先日、卒業式がありましたが、終了後に来賓の方から、「素晴らしい卒業式でした。」「年々良くなっていますね。」というお褒めの言葉をいただきました。終始、厳粛な中、式を執り行うことができ、在校生である皆さんの協力に心から感謝いたします。ありがとうございました。卒業式というものは、在学中頑張った思いがあるからこそ、感動的な気持ちが湧き上がってくるものだと思います。いい加減な学校生活を送ってきた人には、特に卒業式だからといって、特別な感情は湧いてこないと思います。来年度は、2年生の番です。残り1年、充実した高校生活を送り、今年以上の感動的な卒業式となるよう期待しています。

 さて、平成27年度もいよいよ最後の日となりましたが、この1年間は、皆さんにとってどんな1年だったでしょうか? 先生が今年度の4月に本校に来て、初めて皆さんにお会いしたときに何を話したか憶えていますか? 憶えている人はいないかもしれませんが、2年生には、年度当初の第1学期の始業式で、学校の中心となって本校を支え、新入生の良き先輩となり、良い方向へ導いてくれるよう話をしました。1年生には、入学式で、目標を持ってほしいということ、出会いを大切に思いやりのある人間になってほしいという2点について話をしました。この1年を振り返り、いかがだったでしょうか? 2年生は、本校の中心となって学校を支えている自覚はありますか? 1年生の良き先輩になれていますか? 1年生は、目標を持てていますか? 今隣にいる友人等に対する思いやりある人間になれていますか? 人生には、時の流れに応じて、多くの節目があります。その節目・節目において、これまでのことを振り返り、良かった点、悪かった点などを明らかにすることは、次のステージで同じ失敗を繰り返さないようにするとともに、良かったことを次につなげていくために、大変重要なことです。先日、女子サッカー日本代表、いわゆる「なでしこジャパン」がリオオリンピックのアジア最終予選で敗退し、リオオリンピックの出場権を獲得することができませんでした。2011年のワールドカップ優勝、2012年のロンドンオリンピック準優勝、2015年のワールドカップ準優勝と輝かしい成績を残してきた「なでしこジャパン」の思いもよらぬ予選敗退は、大変ショッキングなニュースでした。しかし、この敗戦を終わったこととして済ませ、振り返りもせずそのまま放置したら、また同じことの繰り返しになり、その後も決して良い結果は得られないでしょう。物事には必ず、始めと終わりや節目があり、人生はその繰り返しです。先生も本校に来たこの1年間を振り返り、来年度につなげていきたいと思っています。皆さんも、1年間が終了するこの節目に、この1年間を振り返り、良かった点、悪かった点を洗い出し、是非来年度に役立てるようにしてください。

 さあ、この後、2週間に及ぶ学年末休業・春季休業を経て、皆さんはそれぞれ上級学年に進級するとともに、先日合格発表・入学許可候補者説明会を行った新入生を迎えます。卒業した先輩から教えてもらったこと、皆さん自身が本校で学んだことなどを、是非新入生にも伝え、同じ八潮南高校で学ぶ仲間として一致団結し、新たな3学年で形成される新しい八潮南高校を作り上げていってほしいと思います。この2週間にわたる長期休業中、開放的な気分から注意力が散漫になりがちです。先日も本校生徒が交通事故に遭い、幸い命に別状ありませんでしたが、大怪我を負いました。くれぐれも事故に遭うことのないよう十分注意してください。4月8日の始業式の日に、上級学年に無事進級し、一段と成長した皆さんの元気な姿を拝見できるのを楽しみにし、話を終わります。



 

人権教育

3月18日、本校体育館にて八潮高等学校の橋本郁子先生をお招きして、
人権教育が行われました。
「生命」の大切さに関して講話やDVDを通して様々なお話をしてくださいました。
今回学んだことを改めて考え、恋人、先輩、後輩など、相手に対して
思いやりのこころを持てるようになりましょう。


 

卒業証書授与式

3月11日、卒業証書授与式が行われました。
入場の際には笑顔で行進している様子が見られましたが、
式が進むにつれ生徒たちも涙をこらえるのに必死でした。
3学年の皆さん、これからもこの学校で学んでいったことを糧に頑張ってください。
  

ダンス発表会

 2月18日、5,6限の時間に2年生の女子によるダンス発表会が行われました。
 各班ともこれまで練習してきたオリジナルの踊りや振付を披露することができ、
 見学していた2年生の男子や、1年生からも声援が飛んでいました。

 結果は2-6の「2×6=12(にろくじゅうに)」が優勝しました。


 
   

 

予餞会

2月16日、予餞会(3年生を送る会)が行われました。
1,2年生の吹奏楽部などの有志が演奏やダンスなどを披露しました。
また3学年の先生方からはビデオ映像や歌の披露がありました。
 
3年生の皆さんにとって忘れられない1日になったと思います。

 

 
 
 

平成28年2月1日(月)朝礼 校長講話

   おはようございます。

 今日から2月になりましたが、本日2月1日から3年生が家庭研修に入りました。3年生は、しばらくは個人的な用務等で登校する人はいると思いますが、全体としては登校しませんので、学校に登校するのは1・2年生だけの日が続くことになります。登校する生徒が、急に2/3に減ってしまうのは、学校としても非常に寂しく感じます。しばらくは1・2年生だけの少数精鋭で頑張りましょう。

 さて、先月の3学期の始業式の校長講話の中で、本校の校訓「勉学 誠実 実行」のもと、ここにいるメンバー全員で本校の新たな伝統を築いていってほしい、という話をしました。加えて、生徒指導主任の齋藤先生からも始業式の時に伝統を作っていってほしい、という話がありました。“伝統”という言葉は、いい意味の言葉としてよく使われますが、精神論的なイメージがあり、抽象的で、皆さんにとっては、具体的なものとして捉えにくいのではないかと思います。そこで、“伝統”って何だろう、本校の“伝統”って何だろうということについて、話をしてみたいと思います。“伝統”という言葉を辞書等で調べてみると、言葉の持つ深い意味も含め、辞書等により色々な言葉で表現されています。それらを踏まえ、皆さんにわかりやすい言葉で表現するなら、「古くから受け継がれてきた有形無形のしきたり、様式、風習、傾向」ということになるかと思います。「悪いこと」や「良くないこと」は受け継がれてきたもの、つまり“伝統”というには相応しくないものだと思うので、受け継がれてきたものというと、やはり「いいこと」になると思います。皆さんは、本校における古くから受け継がれてきた「いいこと」というと何をイメージしますか? 学校における「いいこと」ということは、その学校の良さとして広く世間にアピールできるものだと思います。本校の広く世間にアピールできること、少し思い浮かべてみてください。

 何が思い浮かんだでしょうか?

 皆さんが今思い浮かべたものは、どれも本校の“伝統”と言えるのに相応しいものだと思います。皆さんが思い浮かべたものに不正解はないと思います。大きな声で歌える「校歌」のこと、自分が所属している「部活動」のこと、大変活発である「体育祭」や「文化祭」などの「学校行事」のこと、元気よくできる「あいさつ」のこと、就職内定率100%を誇る「進路実績」のこと、校訓「勉学 誠実 実行」のこと、その他、色んなことが思い浮かんだことと思います。皆さんが今思い浮かべたことが、本当の意味で本校の“伝統”となり、本校関係者のみならず、広く世間にも認知されるようになれば、こんなに素晴らしいことはないと思います。生徒会からでもいい、部活動からでもいい、クラスからでもいい、個人からでもいい、誰か本校の“伝統”について考え、提案していただけると大変うれしく思います。今すぐにとは言いません。是非皆さんで考えてみてください。

 さて、いよいよ平成27年度も年度末を迎えようとしています。2月25日(木)から始まる学年末考査まで1か月を切っております。始業式でも申し上げましたが、第3学期は中間考査がなく学年末考査の一発勝負になりますので、しっかり準備してもらいたいと思います。今ここにいる全員が気持ちよく進級できるよう期待しています。

 また、来月には卒業式を控えております。是非素晴らしい卒業式とし、3年生を気持ち良く送り出せるよう皆さんの協力をお願いし、話を終わります。