【学校生活の様子】

新聞に掲載されました

7月22日(水)付け読売新聞29面に、校歌についての記事が掲載されました。

実は本校の校歌は、あの古関裕而氏による作曲なのです!
高校野球の「栄冠は君に輝く」、阪神タイガースの「六甲おろし」など、誰もが耳にしたことがある名曲の数々を世に送り出した大作曲家です。
現在のNHK朝の連続テレビ小説「エール」の主人公のモデルにもなっています。

記事では、校歌について語った伊藤校長の講話が紹介されました(校長講話はこちら)。
作曲することになった経緯についても明らかにされています。
作曲の依頼主が学生時代に古関氏にピアノを習っていたとのこと。
その方が作詞を自ら手がけたということも初めて知りました。

このような校歌を持つ本校は、他校からしたらとてもうらやましいのではないでしょうか。
ぜひ詞や曲に込められた思いを感じながら、誇りを持って、歌いましょう!