【学校生活の様子】

終業式

平成28年度第2学期終業式 校長講話

 

 おはようございます。

 第2学期も終業式を迎えました。

 先日、翔鴎祭の閉会式の時に、2020年インターハイの募金についてお願いをしましたが、趣旨に賛同し、募金をしてくれた生徒さんがおりましたので、過日、集まったお金を振り込んでまいりました。募金に協力してくれた生徒さんに、まずもってお礼申し上げます。募金活動は、来年以降も継続される予定になっています。今後の募金活動については、また改めて案内しますので、協力が可能であれば、是非また協力をお願いします。2020年の東京オリンピックと並行して、高校生のスポーツの祭典であるインターハイがここ埼玉で無事開催できることを皆さんとともに祈りたいと思います。ありがとうございました。

 さて、2学期も本日で終了となりますが、今学期は、1年間の中で最も長く、学校行事も最も多い学期でした。3年生の就職試験、2年生の修学旅行、翔鴎祭、生徒会役員選挙、強歩大会、どれも皆さんの協力により、成功裏に終わったことに心から感謝いたします。3学期には、卒業式が控えておりますが、是非皆さんの行事に対する熱心な取組姿勢を生かし、気持ち良く3年生を送り出せるよう協力をお願いします。また、今年は、部活動での活躍も目立つようになってきました。数年前に比べ、県大会等で活躍する運動部も増え、ポジティブを含め、部活動全体が大いに活気付いてきていることが大変うれしく思います。今学期、多くの部活動で3年生がいわゆる引退をし、1・2年生にバトンタッチされました。3年生の先輩たちのような結果を出せない部活動、逆に3年生の先輩たちを上回るような結果を出している部活動等、部活動によってこれまでの結果は様々ですが、3年生の先輩が築いてきた部活動の活気をさらに継続・発展させてほしいと思います。今後とも、学校行事と部活動が盛んな八潮南のイメージを改めてアピールできるよう、皆さんの活躍を期待しています。

 話は変わりますが、これまで何度か皆さんに、ここにいる生徒全員無事卒業・進級してほしいという話をしてきましたが、今年度の本日現在の転退学者数は、退学者7名、転学者9名の合計16名です。昨年度の12/31付けの転退学者数は、退学者8名、転学者5名の計13名でしたので、転退学者は昨年度より3名多くなっています。この後、ホームルームに帰り、通知表が渡され、成績が示されますが、今後、転退学者がさらに増えてしまうのではないかと大変心配しております。特に、欠点、いわゆる赤点を取ってしまった人は、是非生活を改めてください。何度も言うようですが、赤点とは、このままでは卒業や進級はできないということの皆さんへのお知らせであります。このままでは、つまり今と同じ生活を送っていたら、絶対に卒業や進級はできません。特に、同じ科目で1・2学期とも連続で赤点を取ってしまった人、複数科目で赤点を取ってしまった人は要注意です。来学期は、いよいよ進級や卒業を判定する最後の学期です。来学期の成績が出た後は、皆さんの進級や卒業の可否がすでに決定してしまっていますので、皆さんに進級や卒業について忠告することはできません。皆さんに、注意を呼びかけることができるのは今学期が最後です。授業に集中して取り組む、ノートを取る、試験勉強をしっかりやる、冬休みの課題をきちんとこなす、早速今日から、そして来学期の生活を是非改めてください。

 明日から、今年は祭日等の関係もあり、冬休み期間としては、18日間という例年よりかなり長い休みに入ります。クリスマスや年末・年始も控え、解放的な気分から、気持ちも緩みがちなりますので、交通事故、SNS等でのトラブル等が心配されます。自転車でのマナー等を含めた交通事故、個人情報や写真等の掲載を含めたSNSの危険な使い方等には十分注意してください。また、先日、12/20(火)~25(日)までの期間の浦和駅及び北浦和駅周辺での爆破予告もありました。特に用がない場合には近づかない、やむを得ず行く場合には十分注意するとともに、万が一、不審物を発見した場合には触らずに、直ちに警察に連絡してください。皆さんにとって、大変有意義な年末・年始となり、気持ち良く新年を迎えることができ、3学期の始業式の際に今ここにいる全員と明るく元気な姿で会えることを期待し、話を終わります。