学校生活の様子

卒業式

3月11日(木)、雲ひとつないさわやかな陽気のなか、3年生205名が卒業式を迎えました。
生徒を支えていただいたすべての皆様に感謝いたします。

在校生も保護者の方も参加できなかった1年前。
当時、次回は通常の式ができるだろうと思っていたのですが…。
保護者1名が許されるだけとなりました。
そこで別室で同時中継し、入場できない方にも見ていただきました。

高校生活が終わりに近づくにつれて、様々な場面で、多くの先生から君たちに言葉がおくられたことでしょう(→当日の校長式辞)。
そこには各先生の知見や経験に基づく、含蓄あるものがあったはず。
つらいとき、困ったとき、壁を感じたとき、…。
今後、それらの言葉が力になってくれるかもしれません。

知識や経験は未熟でも、君たちにはわれわれ教職員の誰にも負けない“若さ”という特権があります。
いくらでも可能性は広がっています。
未来の社会をつくっていくのは自分たちだという自覚を持って、新しいステージで活躍してほしいです。

制約だらけの生活もいずれ解かれるでしょう。
「コロナで1年間ほとんど何にもできなかったよ」
なんて、笑って思い出を語り合えるときが来ると信じています。

HPの写真を撮ったり記事を書いたりする担当になって1年。
来年度もこの「南風 on Web」などで君たちの母校の様子を伝えていくつもりです。
ふとしたときにでものぞいてみてください(学校にも遊びに来るといいです)。

君たちの未来に幸せがたくさん訪れますように。

《写真→フォトアルバム