教員ペンリレー

教員ペンリレー39号

みなさん、こんにちは。島口先生からペンリレーのバトンを受け取りました、とても爽やかで素敵な数学科の井上です。これだけ見ると女性みたいですが、残念ながら男です。

 

自分は新任として八潮南高校に来ました。

3月までは大学生で、4月からは教師になったので、まだまだ知らないことばかりです。

自分からみなさんへ届けられるものは少ないですが、その中でも今考えていることを書かせていただきます。

 

「七転八起」という言葉があります。「七転び八起き」とも言いますよね。

意味は「何度失敗しても立ち上がること。人生において浮き沈みの多いこと」です。

字から意味が読み取りやすく、わかりやすいことわざですよね。

しかし、よく見てみると、「七回転んで、八回起き上がる」となっていて、「起き上がる回数の方が一回多くないか?」という疑問が生まれます。

諸説ありますが、一説では「生まれてから初めて起き上がるまでの一回が含まれている」と言われています。

私はむしろ逆ではないかと考えています。「七回転び、七回起き上がった経験を踏まえて、これからも進んでいこうと『決起』する」という意味が込められているとも捉えられます。

 

決起会、決起集会など少し仰々しいイメージのある「決起」という言葉ですが、「覚悟を決めて行動を起こすこと」という意味です。

みなさんは決起したことがありますか?

多くの人は「自分の進路を決めたとき」が当てはまるでしょう。しかし、それはしっかりと「覚悟」を持ったものでしたか?

何も意識せず、何となくで決めることは、覚悟を持っているとは言えません。「自分はこうしたい」、「目標を達成する」などの明確な意志を持つことで、「覚悟」を持っていると言えます。

 

この夏休み、何か目標をもって日々を過ごせていますか?

例年より短いですが、有意義な夏休みにするためにも、今すぐ、目標を決めましょう。

そして、自分を成長させるために、七転八起しながら様々なことに挑戦してみてください。

新学期に成長した君たちと会えることを楽しみにしています。

 

次回は、イケメンサイエンティストの山口先生にバトンを渡したいと思います!よろしくお願いします!