【学校生活の様子】

2019年3月の記事一覧

平成30年度 修了式

平成30年度 第3学期修了式 校長講話

 

 皆さん、おはようございます。

 まずは、先日行われた卒業式、皆さんが大変しっかりとした態度で参加してくれたおかげで、卒業生たちの晴れの門出にふさわしい、素晴らしい式になったと思います。本当にありがとうございました。

 

 さて、今日は、今年度の締めくくりに際し、皆さんに「レンガ職人」という寓話を紹介します。

 

 中世ヨーロッパのことです。3人のレンガ職人が忙しそうに仕事をしていました。そこを通りがかった旅人が、3人の職人に「あなたは、何をしているのですか?」と尋ねたそうです。

 1人目の職人は、「親方の命令でレンガを積んでいるんだよ。」と面倒くさそうに答えました。

 2人目の職人は、「家族を養うために、レンガを積んで、壁を造っているんだ。大変だけど賃金がいいからやっているんだ。」と答えました。

 けれども3人目の職人は、「歴史に残る教会の大聖堂を造っているのです。完成すれば、ここが多くの人の心の拠り所になるのです。こんな素晴らしい仕事に就けて光栄です。」と答えたとのことです。

 

 3人のやっている仕事は、レンガを積み上げるという退屈な作業かもしれません。しかし、3人の仕事に対する志が違います。1人目は言われたからやっているだけで、2人目は家族を養うお金を得るために働いていて、二人とも、目の前の壁の部分しか見ていません。しかし、3人目の職人は、歴史的な事業に参加して多くの人々を喜ばせたいという高い志を持って仕事をしています。

 明確な目的を持ち、その目的を果たすために、自分にはどのような貢献ができるのかという高い志を持つことにより、より良い仕事をしようという積極的な姿勢、高いモチベーションが生まれることをこの寓話は教えてくれています。

 

 先日、知り合いの50歳代の病院にお勤めの看護師さんなのですが、どうすれば英単語を覚えることができるのかという相談を受けました。なぜその年で英単語を覚えたいのか聞いてみると、最近、外国の方が通院されることが多く、その時に備えて、その患者さんの苦痛を少しでも取り除けられるよう、意思疎通ができればとの思いで英語の勉強を始めたということでした。まさに3人目のレンガ職人と同じ高い志を持った人だと思いました。

 

  どんなに知識が豊富でも、大した志もなく、自分勝手な心で行動していれば、あるいは、口先だけで行動が伴わなければ、人は離れていきます。

 逆に、世のため人のために貢献していこうという高い志を持って、他の人をリスペクトし、強い覚悟を持って行動すれば、誰かが必ず助けてくれ、いかなる困難も乗り越えていくことができるものです。

 

 私は、八潮南高校が大好きです。そう思わせてくれたのは、他でもない、ここにいる先生方、そして生徒の皆さんです。

 皆さんの、授業、部活動、学校行事にと、何事にも一生懸命取り組む姿、どんな時にも明るいあいさつをしてくれたり、校歌を一生懸命歌っている姿、そして、皆さんを厳しくも温かくご指導してくれている先生方の姿に出会う度に、この八潮南高校を大変誇らしく思っています。

 

 だからこそ、皆さんには、将来いかなる困難にも負けない、たくましく生き抜いていく力を育んでほしいと常に願っています。

  

 本校では、4月から新たに「YashioMinami Pride プロジェクト」略して「YMPプロジェクト」という取組を、全校を挙げて開始します。これは、これからの変化の激しい時代に必要とされる「人間力」、「学力」、「社会人基礎力」という3つの力を、本校の全ての教育活動を通じて、皆さんの中にしっかりと育てていくためのプロジェクトです。すでに実施されたノーチャイムデーも、この取組の一つです。

 

 このプロジェクトを通して、皆さん一人一人が、例えば、計画的に物事を推し進める力であったり、なかなか結果が出なくても、あきらめずに最後までやり抜く力であったり、互いにリスペクトし、良好な人間関係を築ける力などなど、社会の即戦力として必要な力を身に付けていってほしいと思います。

 

 5月には新しい元号に変わります。皆さんには、平成に代わる新たな時代の中で、それぞれの高い志を持って、たくましく生き抜いていく力を、この八潮南高校でしっかりと育んでくれることを大いに期待しています。