【学校生活の様子】

2020年11月の記事一覧

1学年職業体験授業

11月26日(木)の5・6限、1年生が職業体験授業を受けました。
情報、保育、看護、福祉、美容、調理、スポーツなど、17分野の講師の先生方に来ていただきました。

自身が希望した分野の普段とは違う内容は、生徒には新鮮で興味深かったようです。
職業を自分のこととして考える貴重な機会となったことでしょう。

講師の先生方、お忙しいところ生徒のためにありがとうございました。

情報 医療事務 福祉

動物看護 美容 服飾

調理 建築 自動車整備

ロードレース大会

グラウンドの土ぼこりが立つほどの強い南風、もう少しで夏日になろうかという暖かさのもと、ロードレース大会が11月20日(金)に行われました。
昨年は天候不良で中止だったので、2年ぶりの開催となりました。

例年は江戸川沿いを男女とも16km走るのですが、今年は密を避けるため、男女・学年別に合計6レースを設定。
距離は短くなり、校内コースを男子は5.5㎞、女子は4.7㎞ほど周回しました。

3年女子が9:30スタート、最後の1年男子が終わったのは15:00過ぎ、という大会そのものは長丁場となりました。
スタート30分前に集合し、ゴールしたら下校でしたが、けがなどの理由で走れず役員として参加した生徒は、準備・レース中の監察・後片づけと、朝から夕方までたいへんだったでしょう。

タイムで総合順位を出し、10位まで表彰されます。

《男子》
①2-2會田陸斗20:29②2-5宇田川蓮樹20:50③2-2鈴木陽向20:54④1-2冨田頼20:59⑤2-2一力京悟21:13⑥2-1細貝将太郎21:18⑦3-6越川雄斗21:20⑧1-6小松嵩佳21:25⑨2-1内田雄介21:33⑩1-5鹿谷晃生21:38

《女子》
①1-1高橋佑衣乃20:09②2-1飼田明日香20:40③2-2橋本望由21:18④2-5吉野百花21:19⑤2-3戸室更紗21:20⑥2-2岩﨑菜緒21:32⑦2-4掛川優月21:35⑧1-3瓜生侑希21:42⑨2-1男女嶋朱音22:09⑩2-3有賀あみ22:15

学年を代表し、各レース1位の生徒に感想を聞きました。

〈3年女子〉3-6波多野未紅22:20
総合では惜しくも11位でしたが、女子ソフトテニス部で鍛えた体力を発揮しました。
「体育の授業でタイムが伸びていたので、本番では学年1位を目標にしました。達成できてうれしいです」

〈2年女子〉飼田明日香
陸上競技部で専門は長距離。
「部の後輩の佑衣乃ちゃんがいるから総合1位は難しいと思ってました。でも学年1位は楽勝でいけるかなって。スタートしてすぐに1人になったけど、先生がペースメーカーになってくれました」
笑いながら、明るく話してくれました。

〈1年女子〉高橋佑衣乃
高橋さんも陸上競技部で専門は長距離。
「1位になれてとてもうれしいです。体育の授業で全力で練習した結果だと思います。来年も1位を取れるように頑張ります」
学校外では水泳も専門的に取り組んでいます。

〈3年男子〉越川雄斗
男子バスケットボール部で活躍していました。
「1年のときは役員で今回初めて走りました。1位は予想外ですごくうれしいです。学年で3位以内に入れたらいいと思ってたんですけどね」

〈2年男子〉會田陸斗
陸上競技部、専門は長距離。
「走る前から総合1位を狙ってました。結果を出せてよかったです。来年は2連覇します!」
中学校のときはテニス部、高校に入って1か月はサッカー部でした。

〈1年男子〉冨田頼
硬式テニス部所属、1年生ながら新人大会東部地区優勝。
「風が強かったので走り方を自分なりに考えました。学年で1位を目指してました。全力を出し切れました」
小学5年生からテニスに打ち込み、将来もテニスにかかわっていきたいそう。

上位に入った生徒だけでなく、苦手だけど自身のベストを尽くした生徒にこそ拍手!
皆さん、お疲れさまでした。

3年男子スタート 2年女子 1年女子

2年女子スタート直後の最後尾 監察中の役員生徒 2年男子最後尾
※写真をよく見るとわかりますが、足首にタイム計測用の黒いバンドを巻いています。

生徒会役員選挙

11月12日(木)、第37期生徒会役員選挙が実施されました(放送形式)。
生徒を代表する選挙管理委員会の運営・管理のもと、候補者と応援者の演説が行われました。

生徒会長に立候補したのは、現生徒会で活躍中の2-6八巻美穂さん。
そもそも1年生のとき生徒会に入ったのは、「人前で話したり、意見を伝えたりすることが苦手な自分を変えたい」と思ったからだそうです。
そして今回、「後悔するより勇気を出して」会長に立候補しました。
かかげる公約は「現在使われていないのはもったいないので、中庭を開放したい」。

そんな彼女を2-5葉望音さんはこう応援しました。
「責任感があり努力家で、思いやりがあって謹厳実直な人」
「それでいてユーモアにあふれ、落ち込んでいたわたしを『♪できる!できる!キミならできる!♪』と松岡修造の『C.C.Lemon元気応援SONG』で励ましてくれました」

副会長は2-6佐藤愛美さん。
佐藤さんも現在生徒会に入っています。
「近くで生徒会の先輩たちの姿を見て、わたしも先輩のように学校に貢献したい」と立候補。
「1年間の経験を活かし、会長を支えながら、生徒の皆さんと一緒に学校を盛り上げていきたいです」

その生徒会の先輩、3-5篠宮ひな子さんが応援者です。
篠宮さんは佐藤さんの演劇部の先輩でもあります。

そして16日(月)、選挙結果が発表され、2人とも信任されました。

生徒自身が主体となって八潮南高校の歴史をつくっていく…。
その中心を生徒会が担ってほしいものです。

八巻美穂さん 佐藤愛美さん 候補者(前列中央)・応援者(同左右)・選挙管理委員(後列)