活動報告

2021年3月の記事一覧

令和2年度卒部式

3月16日、今年度卒業する先輩方を送る会を実施しました。

ディスタンスを保ちながら、卒部生を囲み、後輩たちからそれぞれ一言ずつ。

後輩たちから、メッセージや写真を集めた記念品の準備もありました。

 

ラグビーを3年間続けていると、どの選手やマネにも「ドラマ」がありますが、

 

選手ひとり、合同チームを渡り歩いてはマネージャーはそれに付いていき

地道な努力を積み重ね、関東合同の埼玉県代表になったと思ったら

コロナで中止になり、

再開と同時に進路活動との両立に悩み、

それでも、残り少ない時間の中で、「自分は」「私は」

「後輩たちの為、何を残せるか」必死に考えた、最後の一年でした。

本当に色々あった代、卒部生からの贈る言葉では、思いがこみ上げるシーンもありました。

 

令和2年度卒部生、2名!

4月からついに社会人、これまで以上の責任と新しい環境に、苦しむこともあるだろう、

それでも、ラグビー部で乗り越えてきた苦難を自信に変えて、

共に闘った仲間との絆を心の財産にして、

また、新しいステージに挑んでいってください。

後輩たち、並びに、八潮南高校ラグビー部一同は、

あなたたちが作った道の先に進んでいきます。

人生、前進あるのみ。No pain , no gain .

 

顧問より

 

 

令和2年度東部地区優秀選手賞受賞

本日、本校においては卒業証書授与式の予行が、3年生のみで行われました。

 

予行終了後、式当日には行えない表彰がなされます。

その中で、この度本校3年生でラグビー部主将の丸山将悟君が、

令和2年度 東部地区ラグビー優秀選手賞」に選ばれたことを受け表彰されました。

 

本来なら、関東合同大会においてレギュラーメンバーにも選ばれていたちょうど一年前の冬、

コロナ禍によって関東大会を始めとする各種大会が中止となり、

唯一開催された秋の全国大会県予選には、就職試験の日程が重なり、

試合をして、完全燃焼をして引退をすることができなかった。

それでも、合同チームにおいて闘ってきた実績と、

八潮南高校で時には一人グラウンドで黙々と走り

ひたすら武器のタックルを磨き続けた、その献身的な姿勢とひたむきさが評価された、

その結果だと思います。

彼が報われたことに、心から感謝するとともに、

やはり、陰日向の努力を続けた先に、いつか喜びに出会うものだと思いました。

 

必ずや、君の意思は後輩たちが引き継ぐぞ!

おめでとう!丸山キャプテン!!